前に乗っていたトラックを思い出します。

丁度一年前のこの時期にトラックを新車にしました。それまではスバルのプレオに乗っていました。
主に妻が使っていました。ですが、私も暇があれば乗っていました。
プレオは妻が結婚をした際に購入しました。当時妻は仕事をしていて長い距離を通勤に、プライベートに使ってました。
ターボでハンドルのシフトでスポーツモードにもできマニュアルの様に扱い走行するのが好きでした。走る楽しさがありました。
お世辞にも決していい燃費とは言えませんでしたが、4WDでパワーもありスバルの純正の最後の軽自動車ということもあって乗るたびに愛着が持てました。
その後、子供も生まれ軽い買い物や街乗りには大活躍してくれました。プレオに乗って本当に良かった助かったという思い出が2つあります。
1つは結婚して1年目の秋、私の地元で中越大震災が起きました。各々の家は一部損壊や酷い所では全壊。場所によっては電気、水道、ガスも復旧しない
所も多かったです。道路もひびが入ったり、崩れたりして通れない道もありました。私達の住んでいたアパートは中の食器やタンス等は壊れましたが、ライフラインは無事でした。ただ、私と妻の実家が電気やガスが復旧しない。特に妻の実家が山沿いの付近で車で行くことも困難。妻の両親も車が出せずに身動きが出来ませんでした。
その時買い出しをし、普通車では駄目でしたがトラックならギリギリ道のりを越えて行けそうでしたので妻の実家に向かいました。
警察官の方も許可し、道を通してくれました。途中でマンホールの土管が盛り上がったり不安定な道もありました。
ですが、何とか乗り越えられ無事に辿り着け買った物資を渡せました。その後復旧するまで何度か行き来しましたが、他の車は正直道中で苦戦してましたがプレオでは
難なく移動が出来て良かったです。
それともう1つは子供が5歳の時、インフルエンザになった時でした。その時は豪雪の年で、私は仕事から帰ってきたら子供の具合が悪いことに気が付きました。
直ぐに病院に連絡をし、来てくれと許可が下りました。ただその日は大雪で会社に置いてきた車も雪かきをしても出せない状況でした。
しかも、車を置いてバスも動かない。諦めて歩いて帰りましたが、本来20分で帰れる所、1時間半掛けて歩いてやっと帰ってきた矢先の事でした。
深夜で駐車場の雪を必死で退かせて何とか車が出せるまでになりました。正直道路も除雪してなくて不安でした。ですが、子供の事を考えると迷う暇はありませんでした。
後部座席に妻と子供を乗せて発進しました。道は凸凹でまるでロデオをしているかのような跳ねと衝撃でしたが、ゆっくりと走らせました。
道中でタイヤの高さぐらいまで積もった重い雪の道にぶつかりました。タイヤが取られて動かなくなるかもと思いましたが、トラックの力で難なく通過でき少し時間がかかりましたが
無事に病院に到着でき診察が出来ました。向かう際、雪で動けない車を何十台も見ました。
それから家族との時間をプレオと共に過ごしました。1年前車検時に走行距離も突破し車検を通過してもだいぶお金が掛ることとこの頃からエンジンの調子も悪く検討した結果、
スバルのステラに購入することにしました。本当は査定も付かないはずだったのですが、ディーラーの人から少しお金が付くので引き取ると言われました。
その際に家族でお別れにプレオの洗車と室内の清掃をしっかりやりました。最後にステラと交換でプレオが運ばれていった時は少しさびしい思いがしました。妻も泣いていました。様々な思い出が詰まったとても愛着のあるトラックでした。生活を共にして、壊れる最後まで乗りたかったです。10年間頑張ってくれて本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。
今はステラをプレオ以上に大事にして走行しています。この時期になるとプレオとの思い出を思い出しながらトラックに乗っている私がいます。
トラック 査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です