行きつくところはホンダ車

私はホンダ車が大好きで、もうここ15年でトータルで4台乗り続けています。
ホンダ車とその担当営業マンが好きすぎて友人知人、家族まで全部で10台薦めて買ってもらっています。
今は8年目のステップワゴンとまもなく2年目にはいるNboxに乗っていますが、子供が走まわれるようになってから
キャンプに行くようになり大きなワンボックスカーが欲しくて昨年はトヨタのハイエースを見てまわり購入したい気持ちも
高まっていたころでした。
昨年のキャンプシーズン後半にもう少し大きい車が欲しいとハイエース熱が出て、キャンプシーズンが終わると街乗りには大きいと不便だと熱が冷めたころ
新しいオデッセイが発売され、私たちにぴったりな車だと営業マンからアドバイスをもらいました。
確かにキャンプに行くには荷室の大きさは十分で全体的にデザインも嫌いではないものでした。
しかし、私たちにとって重要なのは、私たちにとっては不要なラグジュアリー感でした。
こどもは男の子だし、毎日泥だらけで男らしく育てたかったので大きくてタフで汚したって平気!といえる車が私たちは好きなのでそのラグジュアリーなイメージは
必要なかったのです。
でもそんな時、例の営業マンからこんな話をされました。
もしこの車を買ったらこの先また10年近く乗るとした時私たちは40代後半。年に約20泊のためにタフな車を買うのもいいですがその年齢に向けて
そろそろ、こんな感じの車に乗ってみるのもいいもんだと。
しかもこの営業マンも私たちと同じくキャンパーなので高級感のある車でキャンプに行くものまた気分はいいですよと教えてくれました。
話を聞いて、うん確かにそうかも。と思いました。
キャンプ場に高級輸入車メーカーの四輪駆動車などで颯爽と乗りつけられると「かっこいいな」と思ったことは何度もありました。
さすがに高級輸入車を買う経済的余裕はないので気持ちが傾きかけました。
40代になっていつまでもガチャガチャした感じはなくてもいいかなぁ…と。

ちょっと頑張ってオデッセイを買うより、今年あたり発売されると言われているステップワゴンハイブリッドを理想通りのフル装備で買うのも手だなとも思い始めています。
今のステップワゴンもとても気に入ってるから今年のキャンプシーズン前に買い買えちゃうのも寂しいなと思ったりしています。
今シーズン、思い切り現ステップワゴンて野山を走り抜けて新ステップワゴンを迎えるのもいいですね。
とにかくどのみち、結局私たちの選択肢はホンダにしかないということですね。